『思いつくままに』
『思いつくままに』
 
Vol.43 八王子のお宝は
 
日本商工会議所では年2回、その時々の産業界から見た日本の課題について、全国520人の会頭にアンケート調査を実施している。
 
昨年12月に実施されたアンケート調査について、私見を交えて報告しておきたい。アンケート項目は三つ。その第一は「我が国が取り組むべき優先課題」について。
 
回答の第一位は「経済活性化」(60%)、第二位は「中小企業支援」(54%)、第三位は「地域振興・まちづくり」(51%)であった。第一位の「経済活性化」を挙げる理由としては「経済の活性化は雇用の拡大、豊かなまちづくり、財政健全化など社会全体を力強く前進させる原動力」というものであった。私もこの「経済の活性化」を第一位に挙げ、その理由として「大企業中心の繁栄も大事だが中小企業の振興はもっと大事」とコメントした。
 
アンケートの二つ目は「日本の強みは?」というもの。これに対する回答の一位は「技術力」(35%)、二位が「ものづくり」(19%)、三位が「勤勉さ」(15%)であった。第一位の「技術力」では、伝統の技から高度先端技術まで幅の広い分野にわたっていた。
 
私は「伝統と技術力」を挙げたが、多くの会頭が日本の強みを技術力に加え、日本人の国民性そのものが強みの一つとして挙げていた。ただ、見過ごせない指摘に「最近、日本人の勤勉さや倫理観が薄れてきている」との懸念の声も多くあったことを付け加えておきたい。
 
アンケートの三つ目は「まち、地域のお宝・自慢できるものは?」というもの。私は迷わず「歴史・伝統・環境」を挙げた。全国の回答では一位が「観光資源・施設」(32%)、二位が「伝統・文化・歴史」(21%)、三位が「自然」(20%)であった。
 
地域色の出やすい設問だが、それぞれの地域が郷土を誇りにしながら、まちづくりに励む様子が反映されていた。こうした地域自慢を見ながら、八王子にも、もっと優れた地域資源があるはずだ。そうした資源を発見し、生かしてゆく努力がこれからの経済界にも求められていることを痛感した。
 
今年から4月29日は「昭和の日」となる。言うまでもなく八王子と昭和の時代は深い縁で結ばれている。昭和という時代を語り継ぎながら、八王子市の存在感を高めてゆく祝日としたいものである。
 
▲PageTop

お問合せ: 八王子商工会議所
〒192-0062 八王子市大横町11-1  Tel(042)623-6311
当サイト内のあらゆる文章、画像などを作成者の許可なく転載・使用等を行うことを固く禁止します。