申請者登録について(個人)
   
商工会議所に原産地証明書をはじめとする貿易関係証明を申請する個人は、予
    め「貿易関係証明申請者登録」の手続きをお取りいただくこととなります。

【登録に必ず必要な書類】
 1.貿易関係証明に関する誓約書(申請者向け)
 2.貿易関係証明申請者登録台帳
   ○貿易関係証明申請者署名届
   ○貿易関係証明(申請者・代行業者)業態内容届
   ※上記書類は商工会議所窓口にご請求ください。 なお、登録する署名者(サイナ
     ー)が多く、「貿易関係証明申請者署名届」1枚で記載しきれない場合は窓口でご
     請求ください。
 3.住民票(3ヵ月以内に発行された原本が必要です)
 4.印鑑証明書(個人名義で3ヵ月以内に発行された原本が必要です)
 5.その他
 (1)新規登録の場合は、次のいずれかの書類が必要です。
   (a)「開業届」のコピー(税務署に提出したもの)
   (b)直近の「納税証明書(事業税)」のコピー
 (2)営業拠点が証明を申請する商工会議所の地区内にない場合、次の書類が必要
    です。
   (a)住民票に記載された住所の地区の商工会議所(または商工会)の会員証明書
   (b)証明を申請する商工会議所で登録が必要な理由書
 (3)代表者・署名者(サイナー)が外国人の場合、次の書類が必要です。
   ○在留カード
   ○パスポートのコピー
   ※住民票に国籍、地域、在留資格、在留期間(満了日)、が記載されていれば、在
     留カード、パスポートのコピー提出不要です。
   ※在留資格や在留期限を確認します。入国管理法に抵触する場合は登録をお断
     りすることがあります。
 (4)中古品を取り扱う場合、次の書類の提出が必要です。
   ○個人名義で各都道府県公安委員会が発行した古物商許可証のコピー
 (5)次の場合、別途典拠書類が必要となりますので、事前にお問い合わせください。
   ○署名者(サイナー)が国家資格を有しており、その資格名を使用する場合